AGA治療における薬の効果をAGAの特徴から学ぶ

大切なモノは失ってから気づく

ピックアップ

AGAの特徴

スーツの男性

脱毛症のなかでも、AGAには特徴があります。生え際から少しずつ後退したり、つむじから少しずつ広がったりしていく脱毛症はAGAの可能性が高く、AGA治療が効果的だと判断できます。

読む▼

関係するホルモン

髪を触る

さまざまな原因がある脱毛症のなかでも、AGAは比較的分かりやすいといえます。テストステロンというホルモンが関係しているので、これは髪の毛に悪さをしないよう、AGA治療薬は作られているのです。

読む▼

遺伝するのは酵素

生え際を見る

AGAが遺伝するのは、テストステロンやジヒドロテストステロンではなく、5αリダクターゼに関する要素です。そのためAGA治療ではテストステロンなどではなく、5αリダクターゼへとアプローチが取られます。

読む▼

ふたつのタイプ

頭部

AGAの原因とされていて、AGA治療においても重要なアプローチ先となる5αリダクターゼには種類があります。1型と2型があり、それぞれに特徴があるので、どちらが多いのかを把握することが大切です。

読む▼

どう治すか

刈られた髪

AGAになってしまったら、放っておくとどんどん脱毛が進行していきますので、早めに治療を開始するべきだといえます。
男性型脱毛症とも呼ばれ、多くの男性のコンプレックスとなっているAGA。遺伝により発症するということもあり、なかば諦めている男性も多くいるかもしれませんが、正しく行えばAGA治療は十分に可能です。

AGAを治すには、さまざまなアプローチがあります。
すでに脱毛が進行している場合は、コンプレックスを隠す方法としてウィッグがあります。AGA治療はすぐさま効果が出るものではないので、コンプレックスを抑えるためにウィッグは有効です。ただ、根本的な解決にはならないことに留意しておきましょう。
ほかには、シャンプーを変えるという方法があります。AGAにかぎらず、脱毛症は頭皮のケアが十分にできていないがために起きるケースもあります。そのため、シャンプーの仕方や種類を変えることで脱毛症が改善できることがあります。AGAを治すにも効果のあるシャンプーはあるので、試す価値はあるといえます。ただ、シャンプーはあくまで汚れを落とすためのものなので、ウィッグと同じく、やはり根本的な解決にはなりません。あくまで予防や、治療のサポートとして考えるようにしましょう。

育毛剤は、実に多くの種類が販売されており、効果の高いものも多くあります。ただし、医師から処方された育毛剤でなければ「治療薬」とはならないため、AGA治療の効果が確約されているわけではありません。また、自身の脱毛症のタイプとは違うものを使うと効果があらわれず、肌に合わない成分が配合されている場合は悪化する可能性もあるので、育毛剤の使用には注意が必要だといえます。

AGA治療に一番確実なのは、専門病院を受診することです。病院のなかでも、AGAなど脱毛症の治療を専門に行っている病院が一番信頼度が高いといえます。こういった病院では、医療行為を行える医師が診察し、その人に合ったAGA治療を提案してくれるため、自分だけで判断するより安心して治療に臨むことができます。

最新情報

タンクトップ

治療薬のアプローチ

AGA治療薬に多く使用されているフィナステリドは、2型5αリダクターゼにのみ作用します。ただ、多くのAGAは2型5αリダクターゼが原因だとされており、フィナステリドが多くのケースにおいて有効だといえます。

髪をとく

男性ばかりではない

AGAの原因である男性ホルモン・テストステロンは、女性にも存在します。そのため、女性でもAGAにかかることはあります。ホルモンのバランスが違うため、女性のAGA治療は男性とは違う方法の場合もあります。